スキャンダルの時だけやる気を出す国会議員の先生たち

現在国会は森友学園の問題で一色です。先日も籠池理事長の証人喚問があり、籠池氏の爆弾発言等もあったことから、かなりの盛り上がりを見せていました。新聞やテレビニュースなどが取り上げる情報量の問題もあるとは思いますが、こんな時に良く思うのが、「先生方は生き生きとしている」という事です。国会内での通常の審議の場合、これほどまでに熱心に追及する姿勢を見せることはないような気がします。もちろん、受け手側の感覚なので本人たちにその気はないのかもしれませんが、あまりに熱心さが違うような気がします。今国会では天皇陛下の退位の問題や、共謀罪の問題などかなり重要な問題も審議されているのだと思いますが、議員先生の熱心さに比例してか、報道量も森友学園の問題に偏っているため、国会では森友学園の問題ばかりやっているという印象を受けてしまいます。国会議員の問題だけではないのかもしれませんが、人のスキャンダルの時だけ勢いづくあの姿勢については与野党の区別なく、人間としての資質を疑ってしまわざるを得ません。この熱心さと追及の姿勢が他の問題にも発揮されるならば、日本はかなり活気のあるいい国になるのではないかと思います。疑惑を追及することも大切ですが、その活力を山積する諸問題にまんべんなく降り注いでもらいたいと思います。みずほ銀行カードローン審査